30代の薄毛の原因とは!?効果的な薄毛治療も紹介

ハゲやすさというのは年齢とともに上昇していきますが、できれば30代という若い時期には薄毛になりたくないものです。晩婚化が進み、30代でも未婚の男性が増えてきています。髪の毛が薄くなっていると自分に自信が持てず、婚活にも影響が出てくるのではないでしょうか。

薄毛の原因を知れば改善や予防がしやすいので、今回は30代の薄毛の原因や、効果的な薄毛治療について紹介します。

関連:薄毛治療することになる前にAGAや薄毛を予防してフサフサな髪の毛を維持しょう

薄毛で悩んでいる人の割合

周りの同世代は髪の毛がフサフサなのに、なんで俺だけ薄毛で悩まないといけないんだと、そう感じる方も多いでしょう。しかしご安心を。「隣の芝生は青く見える」という言葉通り、ハゲの人の頭皮が黒く見えているだけかもしれません。

現在薄毛で悩んでいる人は「日本人の3人に1人」となっています。ですが、最近では薄毛の治療というのも効果的になってきており、薄毛が改善されている人も多いです。AGAは進行性の脱毛症なので、何も薄毛対策をしていないと、周りの人と比べて頭皮が薄くなっていると感じやすくなるでしょう。

薄毛を気にしている人の割合は、20代で約26%、30代で約38%となっています。また、薄毛対策を行っている割合は30代が最も多く、年齢的にも「ハゲになりたくない」「フサフサな髪を維持したい」という強い欲求があるのでしょう。ですが、20代では、「自分と薄毛は関係ない」と思っていたり、若気の至りで髪の毛を労わるということを怠っていたりする可能性があります。それが原因で、30代で薄毛に悩まされることになってしまうのです。 

30代の薄毛の原因とは

男性型脱毛症(AGA)は20代や30代で発症する可能性が高い脱毛症です。AGAという言葉はTVやCMでもみる機会が増えてきましたね。それだけAGAが原因で薄毛に悩んでいる人が多いということです。AGAを発症すると、男性ホルモンのテストステロンが5-aリダクターゼという酵素と結合して、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛作用のあるホルモンに変化してしまいます。

ジヒドロテストステロンにより髪の成長サイクルを乱され、髪の毛が成長しづらくなり、抜け毛が増えたり、細く短い毛が増えたりして髪の毛のボリュームが少なくなってしまうのです。AGAは遺伝が原因で発症する人も多く、もともとハゲやすい体質の人も多いです。

そして、AGAは進行性なので放っておくと抜け毛が増えて薄毛が改善されにくくなるので注意しましょう。AGAによる髪の毛の薄くなりかたは、生え際から頭頂部にかけて薄くなっていくのが特徴。M字ハゲやつむじ型ハゲは典型的なAGAの症状となっています。

「抜け毛が増えてきた」「抜けた毛が細くて短い」「おでこや頭頂部が薄くなってきた」という場合は、AGAの可能性が高いです。ただ、薄毛の原因というのは実に様々で、髪の毛の薄くなりかたがAGAの特徴と似ていても、全く違う脱毛症の可能性もあります。

薄毛の原因がAGAかどうかは、医師に相談するのが確実でしょう。

30代は髪や頭皮の負担の蓄積も危険

女性にモテたいと思ったり、見た目を変えて気分を一新したかったりという理由で10代20代の時に「ヘアカラー」や「パーマ」など、髪の毛のオシャレを存分に楽しむ人も多いでしょう。それによって頭皮へのダメージが蓄積され、薄毛の原因や脱毛が起こってしまうこともあります。

また、間違ったシャンプーの仕方も薄毛の原因になります。シャンプーをする時にゴシゴシと力を入れすぎて頭皮を傷つけたり、洗浄力の強いシャンプーを使い続けたりすることで頭皮に必要な皮脂が失われ、頭皮を守るために過剰に皮脂が分泌することがあるのです。

皮脂が毛穴に詰まると髪の毛が育たなくなったり、抜け毛が増えたりしてしまいます。髪の毛に何も悪いことをしていないと思っても、こうして無意識に薄毛の原因を作っていることもあるのです。他には、夏は紫外線のダメージを受けやすく、さらに汗を大量にかくため、毛根組織の機能が低下してしまいます。

毎年夏に海や川など、外で遊ぶ機会が多い人は注意が必要です。また、若いと夜更かししたり、夜遊びしたりすることも多いでしょう。睡眠中には成長ホルモンが分泌され、髪の毛のダメージの補修や、髪の毛の生成を促します。

睡眠不足が続くと、髪の毛が育たなくなったり、抜け毛が増えたりする原因になります。他にも、不眠症などにより十分な睡眠がとれていない人も、髪の毛に悪影響を及ぼしている可能性が高いでしょう。若いころに無理をし過ぎると、頭皮に蓄積されたダメージにより、30代になった時に髪の毛が薄くなってしまうのです。

生活習慣の乱れ

若いと健康をあまり気にしないので、暴飲暴食など不規則な生活を続けてしまうこともあるでしょう。夜更かしで深夜に脂っこい食品や刺激物を食べると髪の毛にも良くありません。また、運動不足やストレスをため込むと血行不良を引き起こします。

血液は人間にとって栄養を運ぶ大事な役割があり、髪の毛の生成にも欠かせません。生活習慣が乱れている状態を10代や20代の時からずっと続けていると、30代になるころにハゲてしまっても不思議ではないのです。

食事、運動、睡眠の質を向上させ、心身ともに健康な状態を維持することで抜け毛の予防や健康的で丈夫な髪の毛の成長に繋がります。

30代の薄毛治療の方法とは

薄毛がかなり進行している場合は、AGAを発症している可能性があります。そのため、AGAクリニックで治療するのが効果的です。AGAクリニックでは、プロペシアという薬を処方してもらいます。プロペシアは、ジヒドロテストロンの生成を抑えることができ、ヘアサイクルの乱れを改善する効果が期待できます。

プロペシアを飲み続けた人の約8割が薄毛の改善を実感できたそうです。ただし、効果があらわれるまでは個人差があり、最低でも6カ月は使用するようにしましょう。他には、育毛剤を使用するという方法があります。育毛剤の中には、AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑えるものもありますし、ミノキシジルといって、頭皮の血行促進効果があり、育毛や発毛に効果的な成分が入っているものもあります。

自分の薄毛に合った育毛剤を使用することで、薄毛の改善に繋がるでしょう。薄毛を本気で治療したいと考えた場合、規則正しい生活を心がけましょう。上記で述べたように、食事、運動、睡眠の質を向上させることが髪の毛を育てるために必要です。

生活習慣が乱れているということは、頭皮環境も乱れている場合があり、そうすると薄毛治療の薬や育毛剤の効果が弱まってしまう可能性もあります。薄毛を改善させたい場合は、中途半端ではなく、全力で薄毛治療に取り組むということが大切です。

関連:AGAの薄毛治療は安い方が続けやすい!安く薄毛を治すための方法を紹介します

関連サイト...薄毛治療福島